元民主党東京11区総支部長

太田じゅんこの政策

  • HOME »
  • 太田じゅんこの政策

民間金融機関でのビジネス感覚と歯科医師の経験を活かして、安心して暮らすことのできる社会をつくります!
今回、平成26年の衆議院選挙には出馬致しませんが、近い将来また出馬し、しっかりとした政策を実現致します。
ご支援のほどお願い申し上げます。

<消費税に軽減税率を導入します>

oota_policy

消費税を一律税率から複数税率へ変更します。
現行の消費税は、牛乳やジャガイモなどの一般的食料品、医療費といった生活に不可欠な物からキャビアや毛皮などの贅沢品が同率に課税されています。
育ち盛りの子を複数育てている若夫婦にとって、消費税のアップは即生活の困窮に繋がります。
消費税は名前の通り、消費する際に納めて頂く税金ですから、贅沢品を購入・消費する際には高額税率を納めて頂き、生活必需品には低税率しか納めないで済むよう配慮するのが国民の生活を第一に考えた税制です。
 消費税の税率を物品ごとに区分けします。
毛皮や宝石などの贅沢品の消費税率は引き上げますが、生活必需品である食料品(米、パンetc)は3%が妥当と考えます。
医療費に関しては0税率を求めます。

<食の安全を守ります>

食の安全のために、危険な食品添加物・発がん性のある着色料の使用を廃止します。
原産国原産地の表示や遺伝子組み換え食品の表示を徹底させるとともに、残留農薬の規制を徹底します。
狂牛病発生の防止策を実施します。

<共働き家庭の子育てを応援します>

待機児童0を目指します。
保育園、幼稚園、学童保育の充実を図ります。
お子さんが、風邪等で保育園や小学校に行く事ができない時は、ご自宅に伺い親御さんの帰宅までお世話をする、急患子育て支援サービスを実施します。

<エイジフリーな社会保障制度の構築>

平均寿命が短かった時代に構築された年齢による社会保障制度を改革します。
社会の様々な制度を年齢に関係がない「エイジフリー」なシステムに変更し、能力、所得、資産による社会保障制度を構築し、安心して子供を産める社会、安心して高齢者になれる社会を実現します。

<世界に誇れる日本の保険制度を維持します>

TPPについては、保険制度は例外項目とし、現行の国民皆保険制度を維持します。
また、国の主権を損なうISD条項(外資が第三国に国を訴えることのできる治外法権制度)には反対します。手術の方法、治療方法などの医療行為については特許権の対象外とすること求めます。

<国営医療鑑定機関の設立>

患者様が医療ミスと訴えている事件の中には、医師が医療ミスを隠匿している場合と、患者様が勘違いしている場合があります。
医師がミスを隠していた場会は、医療ミスを明確にし、体質改善を促す共に、再発防止に努める必要があります。
患者様が勘違いをしている場合は、その旨を患者様に説明し、誤解を解くための、病院や医師の労力を軽減します。

<自衛隊の改革>

自衛隊を自衛、保安、災害救助隊に改善します。
日本が他国から侵略された場合、自衛するのは当然のことですが、小さなことからしっかりと実施し、日本の資源、日本人の生命、財産を守る必要があります。
今年、小笠原諸島の海では、100隻を超える中国船が珊瑚の密漁に来ていますが、海上保安庁の巡視船だけでは数が足りません。
また、日本海では北朝鮮に日本人か拉致される という重大な問題が起こっております。
拉致被害者の帰国が今もってできでいない、深刻な状態があり、そのようなことを起こさないために、自衛隊に保安機能を持たすことも大切です。
日本は地震国ですので、震度6以上の地震が発生した場合、各地域の自衛隊が近隣住民の救助や道路を塞いでいるがれきの撤去を速やかに実施できる体制が必要となります。
現在も行われていますが、海外で大規模な災害が起こった際、被災国の要請があれば、災害救助部隊として、救助活動に赴くこと が必要です。国際的に日本が名誉ある地位につける国際貢献は実施していく必要があります。
救済活動の際、迷彩服では戦争や侵略をイメージする方々もいますので、 海外の方から親しみを抱かれる制服の作成も必要であります。

PAGETOP
Copyright © 太田順子 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.