歯科医

希望の党への支援をお願い致しましたことお詫び申し上げます。

2017年衆議院選挙の出馬を断念せざるをえなくなりました。ご支援くださいました方々に深くお詫び申し上げます。

 

2012年に民主党公認候補として東京11区(板橋区)から出馬致しましたことを反省すると共に、政治資金を適切に使用できませんでしたことをお詫び致しましたが、希望の党から出馬しようと致しましたことをそれ以上に後悔しております。出馬挨拶をさせて頂き、希望の党への応援のお願いを致しましたことを取り消させて頂きますと共に、私を支援してくださった方々に深くお詫び申し上げます。

長年、落選後の再起の励ましをしてくださった方々、ご指導してくださった先生方を失望させる結果となりましたことを謹んでお詫び申し上げます。

 

私は若狭氏から衆議院選挙出馬の打診を受け、希望の党から出馬する決意を致しました。出馬依頼と共に、供託金の用意等の話を受け、しがらみのない政治の第一歩と考え賛同致しました。新党立ち上げの際、個人や団体から多額の献金を得た場合、その方々の利益誘導に繋がると考え、個人負担に賛同致しました。

若狭氏より選挙地および第一次公認の話を賜り、選挙準備をしてまいりました。しかし、若狭氏より10月1日になり、突然、板橋区の方の情報が入ってきて、よろしく言わない人がいるため公認しないとの話を受け、出馬を断念致しました。

私は、政党交付金は皆さまがお納めくださっている大切な税金を原資とするものであり、政策をお伝えする手段、純粋な政治資金以外には一切使用すべきではないと考えております。私の政治資金が、私に無断でキャバクラ等の費用に使用されていることを知り、民主党に抗議し、板橋民主党に是正を求めましたが、私はそれが政治家を目指すものとして当然のことと思っております。また、政党交付金を政治家個人の懐に入れようとしたことに抗議した元政治家とも共闘して参りました。私のこの姿勢を批判する者、またその批判の声を尊重する希望の党では、私は活動できないと考えております。

 

前回と同じ過ちを犯しかけましたことを猛省しております。

一から勉強し直し、日本のために役立つ人間になりたいと考えております。

希望の党からの出馬に関しまして、ご迷惑をおかけしました方々に深くお詫び申し上げます。



PAGETOP
Copyright © 太田順子 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.